牛歩的写真中心網録”

伊豆半島ジオパークと道祖神を中心にアウトドア活動を、写真で記録しています

その他

桑原の道祖神 追加調査

雨が止んだので、函南町の道祖神の追加調査をしておく。 美術館の裏山に加藤家が祀っている”おちんぼさん”という陽棒のGPSを確認した。 新しい木の祠に古くて小さい祠があり、その中に二本の陽棒が祀られている 久しぶりに三十三観音を巡ってみた 神原の…

文学散歩 しろばんば

冬が戻った春の半日、湯ヶ島温泉組合主催の文学散歩[しろばんば]に参加した。白壁荘のご主人による詳しいガイドと井上靖との交流などを聞くことができた。 洪作たちが通った旧湯ヶ島小学校跡地に、天城会館が建つ大仁から馬車の駐車場(ちゅうしゃば)跡 …

ちきゅう見学会

JAMSTECの地球深部探査船[ちきゅう]の見学会に清水港日の出ふ頭まで出かけた。1時間かけて、決められたコースを見学できる。大勢の人が集まった。 日の出ふ頭から、新雪に覆われた富士山が見えるちきゅうは想像していたよりもはるかに大きく高かった(全長…

函南町メガソーラーの計画

函南町の軽井沢に、約65haのメガソーラー発電施設の建設が計画されています。建設予定地は、丹那盆地の北方の弦巻山周辺の山間地域です。既に静岡県は林地開発を許可しています。函南町は事業に不同意の立場をとっていますが、10月1日に施行された条…

冷川不動尊 例祭

冷川の不動尊の例祭(正月・五月・九月)にお邪魔した。 男衆が別室で雑談している中、午前11時半過ぎに女衆が読経を始めるご詠歌も含めて、読経は続く 本尊の赤不動が祀られている祠石祠の中は御開帳されていなく、誰も見たことが無い 不動滝。源流は当入…

川の駅

隙間時間に、GWかんなみの川の駅に寄ってみた。 川の駅の広場狩野川上流と大平山 ドッグランめんたいこが顔を出す 二本の植樹の間に富士山が見える方向

山梨の巨石

涼しい山から甲府盆地に降りると、厳しい暑さ。巨石に関係する場所を探し求めた。 水口の首地蔵 山梨市の水口地区の道路沿いに巨石があり、その上に地蔵さんの首が据えられている(転石のようだが、悲しい言い伝えが残る)隣には、丸石道祖神が祀られている …

インバウンド研修 in 箱根

国際観光都市の箱根におけるインバウンド対応についての研修に参加した。伊豆半島の宿泊業や道路関係の方々に紛れて、ジオガイドの資格で潜り込ませてもらった。ジオガイドおよびジオリアなどがどこまでインバウンド対応するか考えされられる。宿泊業者さん…

近場で朝から夕方まで

朝から夕方まで、チョコチョコと撮影できた。 不動滝&旭滝 この冬でもっとも冷えた朝の出勤前に、冷川の不動滝の様子を見に行った。全面凍結は無理としても、もう少しツララを期待したが、暖かい函南ではこんなものか午前の研修前に、旭滝の凍結を撮影。前…

土肥桜ウォーキング

OB会のバス&ウォーキングに参加して、早咲きの土肥桜を巡って歩きました。海岸沿いは、西の強風が吹きつけるが晴天に恵まれて楽しく歩きました。 花時計のある松原公園で土肥桜まつり、本日が最終日松原公園の土肥桜(白い土肥桜と赤い土肥桜があるそうだ…

仏の里美術館の秋

美術館のシダレモミジが色づきました。今年の秋は波状に来たので、まだ紅葉していない葉もあれば、既に落葉している部分もある。異常気象が影響しているだろうな。他の場所の紅葉も同じようなモノだろう。

駿豆水道 管路ウォーキング

静岡県企業局主催の管路ウォーキングに参加して、駿豆水道を学習しました。 中島浄水場の監視センター モニターには、八幡取水場の映像が映る。駿豆水道は、一日10万立米の湧水を、熱海(6割)・函南(1割)・三島(3割)に供給する。大きなポンプが4…

文学散歩【獣の戯れ】

三島由紀夫の【獣の戯れ】の舞台となった伊呂村が安良里であることが分かり、聖地巡礼ではないが、三島由紀夫が取材しただろうと思われる場所を辿ってみた。 獣の戯れの舞台 ”宇久須を出た船は、岸の土がだんだんと黄色味を帯び、そこに点々と碧松をあしらっ…

国立博物館の仏像

美術館のガイド仲間で、友心アネックスに秘蔵されている運慶作の大日如来像を鑑賞してきた。想像していたより、小さな仏像だが、魅力的な大日如来像をたっぷりと鑑賞できた。秋の運慶展に展示された後、友心アネックスで一般にも公開されるそうだ。大雨の中…

伊豆スカイライン 下見

雲海に期待して、夜明け前にスカイラインに上る。 夜明け前 田方平野から丹那盆地に雲海が流れてくる灯りが少ないのと、雲海になるのが遅かったので、微妙 西丹那駐車場から丹那盆地の雲海 脚立が欲しい氷が池から玄岳山腹のヤマツツジを探すが、ツボミも少…

日守山のオオシマザクラ

雨上がりの早朝、霧と桜を期待して、日守山に登る。霧も朝日も期待外れだが、大島桜は見ごろだった 遊歩道の桜山頂直下のソメイヨシノは散り始め 山頂のオオシマザクラ

大相撲 三島場所

地方巡業のひとつとして、三島市で始めて開催される大相撲・三島場所に出かけました。冷たい雨の中、満員御礼の札止め。 稽古中 ちょんまげにリボンを付けた宇羅相撲甚句 歌がうまい 初っ切り 籠ごと塩をまこうとする禁じ手やおどけたポーズを取る力士 十両…

桜前線

伊豆半島の桜が、一斉に見ごろを迎えています。 願成就院の桜反射炉と桜 南伊豆の帰りに、那賀川まで立ち寄る暗くなり始めたが、まだ色が残っていた 黄金崎の公園の桜も見ごろ

戸田 宝泉寺のしだれ桜

ジオリアの帰り道、大きく寄り道して、戸田のしだれ桜を見に行く。プチャーチンが軍艦ディアナ号の代船の戸田号を建造中に泊まったのが宝泉寺 曇っていても、空が排除できないと、露出が難しい樹齢200年の大木 三分から五分咲き 高台にあるので遠くからも…

日守山の桜

例年ならば、咲いているはずの日守山のオオシマザクラの様子を見てきた。 オオシマザクラは一分咲きというところか。この木で星景を撮りたい夕日を浴びて(横に張り出した枝には添え木がしてある) 中腹の展望 ソメイヨシノのほとんどはツボミだが、三分咲き…

寄り道

機動性の良い原チャリで、道祖神探しの寄り道 沼津市 光長寺のしだれ桜 参道沿いの桜並木はまだツボミ大きな枝垂れ桜のツボミが膨らんで色づく 沼津高専のテフラ 沼津高専の図書館ロビーに展示されている愛鷹ローム層のはぎとり標本(左端が最上部)高専の講…

函南の桜最前線を探して

桜を待ちきれなくて、下見にでかけた。暖かくなれば一斉に咲いて、忙しくなるだろうな。 玉澤妙法華寺の百軒屏の桜(つぼみ)妙法華寺の大ヤマザクラ(つぼみ) 桑原 桑村小の桜(つぼみ)桑村小前の桜(つぼみ)高い脚立が欲しい 神原の桜(つぼみ)高い脚…

寸又峡 乗鉄&撮鉄

友達と連れだって、春の寸又峡に一泊旅行に出かけた。鉄道をいくつも乗り継いでののんびり旅を堪能できた。家山の桜はまだツボミも堅そう。沿線のスポットには撮鉄・カメラマンなどが出ている。 一日目 金谷〜湖上駅〜寸又峡 新金谷駅からSLに乗り換え 三…

十国峠 文化財への登録除幕式

十国峠が文化財に指定されて一周年。登録記念碑の除幕式に参加して、山頂ジオガイドを少し。 熱海高校吹奏楽部による演奏とエイサー踊りで盛り上がる富士山も見てくれている 記念碑の除幕

函南 下見

函南町のいくつかのポイントの最近の様子を確認してきた。 馬場頭(北條早雲が農兵を訓練したところ)の馬頭観音群若山牧水の歌碑[長湯して 飽かぬこの湯の ぬるき湯の ひたりて 安き こころなりけり] 畑毛の湯塚稲荷神社上沢 馬の繕い場跡の馬頭観音 餅井…

色々と下見

午後からの時間、富士市方面の下見に出かける。 原の道祖神探し 続き 原 一本松の道祖神(単体・浮き彫り・坐像) #34桃里 愛鷹浅間神社鳥居前の伊豆型道祖神 #3-1 桃里 旧東海道沿いの伊豆型道祖神 #7 (全身、穴ぼこだらけ)植田の道祖神(単体・浮き彫り・…

函南 下見

柿沢川周辺の調査 柿沢川のせせらぎ公園の函南桜はつぼみが膨らんできたロウバイは見ごろで、青空に映える CP-5 柿沢川の中に置かれている踏み石CP-5 せせらぎ公園の湧き間近くの看板 CP-6 こだま石に抜ける道の途中の大木の下に、新しい道祖神が祀られてい…

東京都庁 南展望室からの夕景

新宿での新年会の前に、都庁からの夕景を見に行った。外国人観光客を含めて大勢集まっている。ミレスで撮影(映り込み防止に、黒のシートを持参したが、便利) 富士山の方向に陽が沈みトライライトとはならなかったが、時間ぎりぎりまで待って夜景を手持ちで

泉頭城の探訪

柿田川の水源地に、かつて徳川家康が隠居所として駿府城から移り住む計画を進めていたという[泉頭城(いずみがしらじょう)]があった。家康が死んだので、築城は中止された。元は後北條氏が築城したとされる。自然の地形を生かした戦国時代の城を歩いてみ…

函南 下見

強風だが、天気は持ちそうなので、午前中は原付きで函南の下見に出かける。 CP-1 熱海街道のビブラビブレの看板と富士山(雲隠れ)CP-2 病院の奥にある亀石(名所の看板が泣いている) CP-3 スポーツ公園CP-4 平井の不動尊では、馬頭観音が適当か? スポーツ…

牛歩的写真中心網録”