牛歩的写真中心網録”

伊豆半島ジオパークと道祖神を中心にアウトドア活動を、写真で記録しています

萬城の滝 ホタル

梅雨明けで一気に夏が来た。涼を求めて、萬城の滝のホタルに再挑戦。 7:30過ぎにようやく舞い始めた。前回と同様の数だが、明るく撮れなかった。 終了後、北の空にはオオグマ座が現れていた。空高く舞うホタルと。 F1.9 ISO-1600, SS-15sec. f18mm

豆国八十八か所霊場巡り-6(二十三番・二十四番)

梅雨明け宣言が出てもおかしくないような予報が続く。今日は熱中症の警報がでているが、今日の峠越えする山には雲がかかっている。意を決して家を出る。 中伊豆からスタートし、北伊豆を巡った。これからは、東伊豆の霊場を巡ることになる。 養徳寺近くから…

二の岡神社のヒメホタル

御殿場の二の岡神社のヒメホタルが二年ぶりに解禁された。伊豆ではヒメホタルはいないようなので、初めてのヒメホタル撮影となる。 午後6時半に到着したが、ブランコの丘と呼ばれるスポットには、人はいないが三脚が十本ほど立っていた。今回は様子見という…

伊豆箱根と逆さ富士

梅雨空が続くが、雨上がりの早朝、富士山が顔を出したので、三島市中に急行して、逆さ富士を撮影できた。図らずも、今年の最初で最後のシャッターチャンスであったろう。 手前の水田にも、遅い田植えが完了。水鏡に逆さ富士が顔を出した。下りの一番電車を撮…

萬城の滝 ホタル

ようやく蒸し暑くなって、ホタルも活動的になるだろうとの期待を持って、萬城の滝に出かけた。 7:35過ぎからホタルが滝前で舞い始める。日没前にピントを合わせた背景に、ホタルのショットを比較明合成する。 明るい背景あり暗い背景のままで 8時過ぎに活発…

豆国八十八か所霊場巡り-5(二十番~二十二番)

梅雨空が続き、巡礼の続きが滞っている。久しぶりの晴れの日で、熱中症も心配だが、続きを再開した。二十番・二十一番・二十二番札所を番号順に巡ると距離が延びてしまうので、最短距離となる経路で巡った。 前回の続きは、広小路駅からスタートし、蓮馨寺の…

萬城の滝に舞うホタル

中伊豆でのホタルの新天地を探して、ワサビ田と萬城の滝をロケハンした。筏場のワサビ田で、7:30まで待ったがホタル出現の可能性は全く無さそうだったので、萬城の滝に移動した。 水しぶきの舞う滝つぼ近くに降り立つとホタルが舞っていた。十匹ていどしかい…

修善寺でアジサイ撮影会

写真クラブの撮影会で、修善寺を訪れた。 虹の郷 イギリス村からスタートロムニー駅 この時期は、花しょうぶが見ごろだった。お客さんが少ない。 アジサイも見ごろではあるが、かなり散らばっていて、見ごたえしない。木陰でスケッチに集中する女性 北又のア…

三ツ谷新田 アジサイロード

アジサイが見ごろを迎えているが、撮影のタイミングを逸していた。雨上がりの朝、富士山が少しだけ顔を出したので、三ツ谷新田のアジサイロードに急行した。 山頂東斜面に雲がまとわりつくが、御愛嬌でOK アジサイは一部は下り・一部は上りとまばら。

松崎・明伏のホタル

松崎・明伏のホタル再訪。前回よりも1週間以上たっていることと、月明かりが心配だったが、写友を誘っての撮影を敢行。 月明かりのせいか、ホタルが現れたのは少し遅い7:25頃で、数も1/5ていど。ヘイケボタルのようで、小さくて明るくはない。 月明かりの南…

ジオツアー三島 清住緑地周辺

静岡県地学会東部支部のジオツアーに参加して、三島広小路駅から清住緑地とその周辺をぶらぶらしました。 雨が降り出しそうな空模様、広小路の三ツ石神社に集合して、清住緑地まで散歩する。源兵衛川をまたぐ小浜用水の樋 源兵衛川の下流は、以前はもっと川…

豆国八十八か所霊場巡り-4(十二番~十九番)

久しぶりに、八十八か所霊場巡りを再開した。曇りから雨の予報なので、熱中症のリスクは少ないと判断した。 伊豆長岡駅を8時過ぎにスタート古奈の温泉街にある十二番・湯谷山・長温寺(曹洞宗・薬師如来)の境内は狭い。 本堂前には、六地蔵の石憧がある。仏…

松崎・明伏のホタル

今年はホタルの追っかけに取り組んでいる。今日は、少し涼しい(22度前後)が新月近くの曇天(無風)に期待して、松崎の那賀川沿いの明伏にでかけた。 まだ明るい7時20分頃には、ホタルが現れた。少し暗くなると、周囲は数百匹のホタル(小さいので、ヘイ…

韮山・中のホタル

韮山の反射炉近くのビオトープでのホタルの下見に出かけた。 新月の曇天だったので、ホタルもたくさん飛び交っていた。奥の林にピントを合わせて、手前に舞うホタルはぼかして大きくしてみた。こちらは、距離が遠くないので、小川の上の繁みに舞うホタルを比…

伊浜の海ホタル

写友を誘って、南伊豆・伊浜の海ホタルの撮影に出かけた。猛暑の新月という絶好の条件で、例年よりも早めに出動してみた。 例年よりも少し多く出現しているが、浜の方に降りてくる個体は少ない。1時間粘って撮れた2ショットを合成した。 狭い河原に、5人の…

東伊豆のジオサイト

久しぶりの空撮日和なので、東伊豆の空撮に出かけた。 網代・立岩海岸 屏風岩に降りる磯道が草に覆われて見つけるのに苦労した。まずは屏風岩の空撮を始める。屏風岩の空撮は初めてなので、どう撮るか悩んだ。 以前から探していた観音窟(海食洞?)が屏風岩…

手引頭の大シャクナゲ

手引頭の大シャクナゲが見ごろと期待して、雨上がり後の手引頭に向かった。宇久須に出た熊が怖いので、夜明け前の出動は断念して、6時に仁科峠を出発した。 笹が茂る道が樹林帯に差し掛かると、ヤマツツジが出迎えてくれる。樹林帯に入ると、薄い霧に斜めの…

氷ヶ池のヤマツツジ

玄岳直下の氷ヶ池周辺にヤマツツジが群生する。毎年撮影に行くが、今年がもっとも花のボリュームがあるような気がする。(それとも見ごろに当ったのかな) 展望台からの氷が池。富士山に雲がまとわりつく。玄岳ICあたりを空撮 残念なことに、氷ヶ池周辺に…

万三郎岳のシャクナゲ

そろそろシャクナゲが見ごろと予測して、久しぶりの快晴の早朝から、シャクナゲコースを歩いた。 昨日の雨で、四辻までの道は泥だらけ。四辻から万二郎岳に向かう。途中のミツバツツジが少ない。ツツジの絨毯は見られなかった。 万二郎岳の南に開けた所があ…

丹那盆地 水鏡

雨上がりの西の空が怪しいので、伊豆スカイラインのハングTOに出かけた。 田んぼには水が入れられて、準備OK。西の低い空に雲が厚いので、期待したほどの夕焼けは起きなかった。西向きの斜面から、水蒸気が立ち上り、赤く染められる。 それなりに焼けた…

丹那盆地で逆さ富士

五月晴れとはいかないが、丹那盆地の逆さ富士に期待して、朝飯前に撮影にでかけた。 くっきりとはしないが、昨日整備していた水田に逆さ富士が写る。 田植えが済んだ水田に富士山が映る。ツツジ越しの富士山

田植え前のお色直し

ガイドの下見で、丹那盆地を回ったら、いつものビューポイントで田植えの準備をやっていた。くっきりと顔を出した富士山は新雪でお色直しされていた。iPhoneで撮影。

豆国八十八ヶ所霊場巡り-3(八番~十一番)

午後から天気が崩れる予報なので、万三郎のシャクナゲに替えて、霊場巡りをした。 伊豆っ箱での通勤客に交じって降りた大仁駅から、前回との接続点まで歩く。山田川沿いの畑からケーンと鳴く声に、探すとキジが見つかった。益山寺への道沿いには、西国三十三…

新緑の紫水の池

新緑の紫水の池を夜明けのやさしい光で撮影した。 引きずり込まれそうな池面 ツツジがつつましく咲いている。遊歩道にもわずかなツツジの花 145m上空から紫水の池を見下ろす 観音滝 ついでに、観音滝に立ち寄って撮影。

疫病退散 土肥温泉海上花火大会 2022

土肥海岸で、連休中の7日、8日に疫病退散(コロナ)の花火大会が臨時に開催された。 夏休みの花火大会(3夜連続)とは違い、人出は少ないが、それなりに混雑していた。8:15~8:30に1500発を打ち上げる。 オオトリの空中ナイアガラも盛大に打ち上げられた…

長野 荒原の夕景

土肥の花火撮影の途中、長野の棚田に寄り道した。 他の水田は田植えは終わっているが、こちらの三枚田はいつも遅い。明日あたり田植えかな? 周囲はきれいに整備されていて、気持ちよく撮影できる。

豆国八十八ヶ所霊場巡り-2(四番~七番)

連休最終日の子供の日は、マイカーの利用は避けて、八十八ヶ所の霊場を歩いて遍路した。中伊豆の城富院から大仁堀切の泉龍寺の4霊場を巡った。 修善寺駅からバスで前回の終点近くの馬場沢橋まで移動して、そこから前回の終点とつないだ。橋上から冷川の流れ…

富士見展望台からの星景

久しぶりの星空を期待して、伊豆スカイラインの丸野山付近の富士見展望台から、星景に挑戦した。 天文薄明前の40分間を80枚のショット(換算27mm, 29秒,ISO-1000)で比較明合成した。富士山は霞んで見えない。町明かりの光害で下半分が白けてしまう。レ…

豆国八十八ヶ所霊場巡り-1(一番~三番)

ようやく豆国八十八ヶ所霊場巡りを発心できたので(踏ん切りがついた)、GWの人混みを避けて新緑の里山を歩いた。 発願寺は、田沢の嶺松院なので、修善寺駅から約8kmを歩いてスタートすることにした。大見川を渡って,加殿に入る。 アンテナの建つ修善寺の…

林床に群生して咲くクマガイソウ

とある沢の林床に咲くクマガイソウの開花を追いかけて、ようやく見ごろを撮影できた。 開いている花弁が正面から撮影できる位置が見当たらない。 下流の群落もようやく開花上流の群落は、開花から1週間経つが、花もちしている。

牛歩的写真中心網録”