牛歩的写真中心網録”

伊豆半島ジオパークと道祖神を中心にアウトドア活動を、写真で記録しています

原生林

快晴無風の好条件下、丹那方面に空撮に出かけた。 函南原生林 原生の森公園の展望台から紫水の池と原生林を広角で空撮原生林に接近して、原生林の全景を空撮。 更に接近。黄葉はまだか? 鞍掛山・駒ヶ岳・神山が背景に見える。 田代盆地・丹那盆地・玄岳 許…

小田原の道祖神 #3

寒くなったが、箱根峠が凍結する前に、小田原と酒匂川沿いの道祖神の調査を進めたい。日差しはあるものの、歩くには快適な天候で、はかどり、24か所の道祖神を見つけることができて。 水之尾の農道を登っていくと、見晴らしがある崖に、コンクリートで祭場…

小田原の道祖神 #2

天気が良いので、小田原の道祖神探しを続ける。 入生田の旧東海道沿い。小川のそばに石積みの祭壇を設けて、石祠道祖神(#235, 中に宝篋印塔の九輪を賽物として入れる)が祀られている。風祭の旧東海道の一里塚の看板前に、祭壇を設けて、伊豆型道祖神(#236…

小田原の道祖神 #1

道祖神調査もいよいよ最終章の小田原市を含む神奈川県西部に移る。ピーカンで夏日のような陽気で、歩くのは辛かった。 湯河原町の石造物 湯河原町・吉浜東の地蔵堂境内左手に祀られている双体らしき石造物を確認してきた。中央に蓮華座があり、その上に弥陀…

原生林

田代盆地で下見のいでに、原生の森公園にでかけて、空撮の下見。 展望台から、紫水の池越しに、原生林方向を空撮。もうすこし東よりで再撮影しよう。強風で、知らないうちにかなり流されしまい、焦った。

富士山麓の道祖神-富士吉田市・河口湖町 完結

山梨県・富士山麓の道祖神調査もこれで完結。都留方面にも貴重な道祖神があるようだが、これ以上北には手を広げないようにする。 富士吉田市の道祖神 新屋の漣神社入口左手に、二基の石造物が祀られている。左の石祠は、台座に三猿が刻まれているので、庚申…

神子元島の巡検と空撮

伊豆ジオ遺産の懸案事項であった神子元島上陸のチャンスが、台風16号が去ってやってきた。釣り人の渡船に便乗させてもらい、ようやく上陸できた。午前5時30分の上陸から、午後1時半過ぎの出航までの、約8時間を無人島で過ごした。 携帯電話は、伊豆半島が…

富士吉田の道祖神 #4

入手した新資料から判明した道祖神を探しに出かけた。後、1回で完結しそうだ。 上暮地 上暮地・蟹沢の四辻・北西角に立つ文字碑[道祖神・天明八年]寿町会館向かいのT字路・西南角に立つ文字碑[道祖神] 上暮地・新屋の道路沿いの溶岩崖の上に、文字碑[…

富士五湖の道祖神 #3

富士吉田市、富士河口湖町、鳴沢村の教育委員会・生涯学習課で、道祖神に関する資料を頂いた。雨が残る午前中から、一部の道祖神を探した。新資料から、20近くの道祖神の情報が入手できた。あと何回出かけることになるのだろうか? 鳴沢村の道祖神 魔王天…

近場で空撮

秋晴れの下、富士山が出ているので、近場の空撮に出かけた。 向原の稲田 田植えが遅かったので、稲刈りにはまだ早いようだ。雲の影が移動するのをホバリングで待機して空撮 丹那盆地 雲が少し出てきた。丹那盆地は稲刈りの最中。 田代盆地 田代盆地でも稲刈…

富士宮の道祖神 確認

富士宮-210-双体の右隣に、単体道祖神らしいものが映っていたので、確認してきた。 朝日町の筋違橋南の用水沿いに、富士宮-210-双体の祝言道祖神が祀られている。その右側の像は、単体道祖神(立像・浮彫・笏)と確認した。

柚野のヒガンバナ

墓参りまで、時間があるので、柚野の彼岸花を撮影した。 中才 柚野のの興徳寺に向かう途中、中才ではさがけがあったので、立ち寄った。雨除けのビニールが掛けられていないのが良い。はさがけが逆光になるが、富士山と。今年は台風・大雨の被害は少なくて豊…

猪之頭のチカラシバ

お彼岸の墓参りのついでに、猪之頭のチカラシバを撮りに行く。快晴なので、ダイアモンド・チカラシバを狙う。 40分前に到着したが、既に多くの三脚が立てられていて、隅にカメラをセットした。富士山に隠れて、日の出は見えない。6時20頃に、山頂右下か…

富士吉田市の道祖神

ネットで、富士登山の富士道沿いにある西桂町~富士吉田市の道祖神の情報を拾い集めることができた。曇天の予報に、早速、調査に出かけた。 西桂町 駐車させてもらった福善寺南のT字路の崖上に、文字碑道祖神[道祖神]が祀られている。伐採された切株には…

富士五湖の道祖神

伊豆ジオ遺産HPの次に、道祖神のホームページの制作を始めると、富士五湖の道祖神調査もしたくなった。それほど数は多くないようだが、情報が少ないのが難点。 山中湖村の道祖神 山中湖の東畔に位置する平野の観光案内所向かいに。4段の石積みの高い基壇…

柿田川

柿田川をできるだけ上空から撮影したく、DIPSで飛行許可-2通、同意書、承諾書、最終確認と、様々な手続きを準備したうえで、ようやく空撮日和を迎えた。mini2に、プロペラガードを付けたが、強風下でも問題なかった。 離陸地点から、一気に上空340mまで上…

沼津の道祖神 追加調査

道祖神仲間からの情報で、沼津の目こぼししていた道祖神を確認に出かけた。 岡一色の三叉路近くに祀られている2基の単体道祖神 左像は立像・浮彫・笏持ち。右像は、立像・浮彫で、摩滅がひどい。大岡の黄瀬川西の三叉路の南東角に、単体道祖神(立像・浮彫…

伊豆ジオ遺産ウェブサイト リニューアル完成

コロナ禍を避けるためと、熱中症防止から、外出は大幅に自粛しています。 そのおかげで、家での時間が増えて、伊豆ジオ遺産の制作が急速に進みました。 年末までかからないで、伊豆ジオ遺産のホーページをリニューアルできました。 リンクなどで細かい不備は…

西伊豆

曇り気味の空でそれほど暑くはならないだろうとの期待と、弱い風ということで、夏休み明け最初のアクティビティは西伊豆の空撮にでかけた。 大沢里 大滝のある仁科川の支流のV字谷 V字谷の右岸には、島の二郎の旗立岩と呼ばれる大岩が露頭する。強風の中、…

八木沢のヒマワリ畑

西伊豆の空撮の途中、土肥の八木沢のヒマワリ畑に立ち寄った。 郵便局前の畑に1万本のヒマワリ。見ごろは過ぎた。今年は、種まきが遅くて、成長しないうちに、暑い日が続いたので、ほとんど弱ってしまったとのこと。 宇久須にもヒマワリ畑があるとのことだ…

蓑かけ岩の天の川

夏の天の川のラストチャンスに、大瀬の蓑かけ岩に出かけた。 南の下層のカスミが気になったが、大きな影響は無かった。月の出は、11時ごろ。あいかわらず、水平線を行きかう船の光跡が多い。右端の赤い筋は、石廊崎灯台の灯り。レンズの後玉に、Leeのソフ…

人文字と星の軌跡

明け方の天気予報が良いので、十里木の富士山資料館北の遊歩道入口で、星景を撮影。 十里木 星景 昨日と違って、雲は取れた。月は南の空に出ているが、星の明るさは十分。80ショット-40分 天文薄明が終わったが、続けて撮影。途中で、レンズが結露を始…

フジアザミ、他

太郎坊のフジアザミを写友と撮影に出かけた。あいにくと富士山は雲に隠れてしまった。フジアザミは猪による根の食害と、鹿による茎の食害で、全滅に近い状態。 太郎坊 わずかに残る株を見つけて、撮影。背景は二ツ塚に切り替え。 富士山は、この後夏雲に覆わ…

奥原川の滝 再訪

昨年の12月に奥原川の4つの滝を撮影した時は、枯れ滝状態だった。伊豆ジオ遺産の画像としては、寂しいので、長雨の続いた滝を再訪した。 奥原川 オンタの滝 鉄砲水の心配はないが、水量が多くて滝つぼの近くには寄れない。手前の瀬を入れて撮影。裏見の滝…

三島 湧水

少し気分が良くなったので、三島の湧水を撮影に出かけた。小浜池は水位188cmと満水だが、楽寿園は休園になってしまった。 水辺の文学碑 桜川沿いに設けられた11基の文学碑を、改めて撮影した。桜川も豊富な湧水が流れている。 風鈴売りが一休み風鈴は売れ…

湯ヶ島

五輪が終わり、ようやく伊豆市での飛行自粛が解除された。天気も良いので、湯ヶ島方面の空撮に挑戦した。 熊野山は背後の天城山の末端部が削られて独立した? 山頂に墓園がある。天城連山の左端が万三郎岳、中央右の丸い山頂が丸山。国士峠南火山からの溶岩…

塚本・長崎 再取材

台風の影響は少なかった。雨が上がったので、函南遺産の再取材を続ける。 塚本 満宮神社のクスノキ 長崎 長崎橋の石造物群(左から、更新供養塔・?・庚申?・聖観音?)長崎の道祖神 江川邸 韮山往還の終点として再撮影

田代盆地・丹那盆地

函南遺産の再取材の続行。少しずつ続ける。covid-19感染拡大で、行くところが無くなってくる。 田代盆地 田代盆地の空撮。5m/s以上の強風だが、安定して飛行した。丹那断層の崖と盆地の境界 丹那盆地 皇産霊神社の社叢ご神木のオオスギ 中村家の大クヌギ

十里木からの星景

昼間は熱中症が心配なので、夏は夜行性に変身する。天気が良さそうなので、富士山方面に出かけた。 十里木 富士山遊歩道入口 十里木の東富士演習場の西端に富士山遊歩道がある。その入り口から富士山が狙える。山小屋の強烈な光をクロスフィルターで和らげる…

函南遺産の再取材

猛暑が続くが、涼しいはずの山里で再取材を続ける。ピーカン過ぎて、露出が合わない。 白山神社の社叢 白山神社境内ツクバネガシ ソヨゴスダジイ 西口軽便鉄道跡 停車場線跡鉄道跡に沿って建つ丹那神社 軽便鉄道の終点は製紐工場の敷地製紐工場から東海道線…

牛歩的写真中心網録”