牛歩的写真中心網録”

伊豆半島ジオパークと道祖神を中心にアウトドア活動を、写真で記録しています

ジオサイト

西伊豆 取材

台風の影響で。天気が崩れる予報があるので、その前に西伊豆のジオ遺産の取材をしておく。 天城深層水 大沢里の天城深層水”健”に立ち寄って、撮影地下1000mからくみ上げている。昔は無料の事態もあったが、今では人気が出て15L@100円で汲める。軽トラに大き…

西海岸

道祖神探しのついでに、伊豆ジオ遺産の追加取材も済ませる。 米崎から見る恋人岬の断崖 八木沢のヒマワリ畑(3ツくらいある)が見ごろを迎えていた。 青空と白雲が消化不良 旅人岬を南から 旅人岬を北から

ジオツアー 楽寿園

静岡県地学会・東部支部主催のジオツアーに参加して、楽寿園のジオサイトと歴史を再学習した。 駅前口の樹林には、いくつものフウランが着床している。 中門先の小浜の森の北側は本覚寺の鬼門に位置し、七面堂があったとされる。 小浜の森には七面堂への参道…

筏場砂岩層を探して

暑くなる前にと、午前中に筏場の砂岩層の探索を続ける。 地質図上の筏場砂岩層に沿って歩く。姫之湯断層に再訪 畑に代わった石が鎮座している。地元の方も何の石か分からない。 上の畑には巨石。たたりが怖いので、そのままにしてあるとのこと 蛇喰川沿いの…

筏場~天城  

梅雨が明けて、いよいよ猛暑が始まった。午前中だけの行動で熱中症対策。 筏場の砂岩層 ”筏場の砂岩層”といキーワードで、筏場の城層(最後の海の時代)周辺で、砂岩層の切り通しを探した。ヒントが乏しいので、近くの林道を総当たりすれば、その内見つかる…

楽寿園 小浜池の満水

三島市立公園・楽寿園内の小浜池の水位が217cmと記録を取り始めてから最高となりました。 7月25日に217cmに達してから、8月4日まで維持しています。 堰板で小浜池から流れ出す湧水を調整していますが、小浜堤を越水しないギリギリの水位が217cmです。堰板を…

小浜池 水位上昇中

三島市街地でのジオツアー研修が終了後、楽寿園に再入場して、小浜池を撮影。 22日の水位は209cm 記録215cmにどこまで近づくか? 深池も池らしくなっている。 源兵衛川のせせらぎの道は水量が多すぎて、通行禁止となった。白滝公園では歩道からも湧水が湧き…

国士峠周辺の火口探索

そろそろ梅雨明けか。夏がもうすぐそこに来ている。コロナと熱中症の心配が少ないので、国士峠周辺の古道を歩いて、中伊豆の火口を5ツ探索した。 -国士越火山 国士峠周辺には、3つの火山が並ぶ。峠の南で、もっとも北に国士越火山のマールが半分侵食された…

伊豆ジオ遺産の追加取材

午後から日差しが出てきたので、溜まっていた取材の追加を消化していく。 -持越鉱山 持越鉱山の一部。現在は採掘と金の精錬は休止しており、都市鉱山からのリサイクルを操業しているらしい。 背後の山が金山ではないようだ。 上流側の工場跡 -舩原火山 舩原…

小浜池 200cm

小浜池の水位がとうとう200cmに達した。青空は望めない天気だが、記念に一枚撮ってきた。 200cm越えは57年ぶりだそうな。そろそろ梅雨明けなので、どこまで上昇するか目を離せない。近々の天気の良い日に期待しよう。 久しぶりの満水で芥が浮いてきたので、…

中里横穴群

梅雨の合間の隙間時間に、日守・中里の横穴群に出かけた。 民家の前を通らせてもらい、裏山の横穴群に登る ほとんど崩れてしまったようで、開口しているのはこの横穴のみか? 左手の鉄板は別の横穴の隠しでは? 深くは無いので、火葬墓か? 周囲の山は凝灰岩…

エサシノ峰

天気回復したので、本谷林道のエサシノ峰に出かけた。 水生地下に駐車して、伊豆の踊子の文学碑前を通る 八丁池歩道から分かれて、本谷林道を丸山方面に向かう。板状節理が様々な表情を見せて露頭する。 板状節理は、湯ヶ島層群の安山岩から成るのだろうか?…

遠笠山

東伊豆の単成火山巡りも遠笠山で最後となる。以前にも出かけたが、アップデートのつもりで取材した。標高が高いので、涼しくて風も快適なハイキングだった。 遠笠山道路の駐車場に駐車して、ゲートから歩き始める。私有地なので看板の注意事項を守ること。作…

矢筈山・富士見窪・孔ノ窪

梅雨の一休みで朝から天気がいいので、矢筈山火山列の締めとして、矢筈山に出かけた。 矢筈山・岩ノ山・孔ノ窪・富士見窪・岩ノ山は、伊雄山火山列の東南~北西の直線上の割れ目からの噴火。いずれも、約2700年前に噴火したと考えられている。 -矢筈山 孔ノ…

ジオツアー三島1

静岡県地学会・東部支部主催のジオツアー三島が久しぶりに開催された。楽寿園~大社周辺のジオサイトを巡るジオツアー三島の記念すべきNo.1の復刻版。(オリジナルのツアーには参加できなかったので、楽しみ) 愛染小路沿いには、三島溶岩流の玄武岩が少しだ…

岩ノ山と岩ノ窪

梅雨入り前の貴重な晴天、岩ノ山に出かけた。 伊豆スカイラインの駐車スペースに駐車して、岩ノ山にGPSの進路を向けて、進むと岩の窪西マールの凹地にヌタバがある。 小さな尾根を下ると、廃林道にでる。ここから岩ノ山に直登。苔の付いた45度前後の岩…

裾野の道祖神 追加調査-2

裾野の道祖神の残りの5基の調査を継続し、短時間で見つけることができて裾野市の道祖神調査は完了できた。 信号の西20mのT字路東北角に二基の石造物。左像が久根-6-2-文字碑(道祖神?) 農道がカーブする古民家前の角に、古風な久根-29-双体道祖神(左神-…

丸野山

晴天に恵まれたので、午後から伊豆スカイライン沿いの丸野山に登った。 登山道らしきものは無いが、GPSを頼りに、ほぼ直登する。伊豆東部火山群のひとつのスコリア丘。矢筈山火山列よりも古い10万7500年前に噴火したため、山体が少し削れて傾斜も緩くなっ…

孔ノ山

矢筈山を含めた火山列の巡検を始める。まずは、矢筈山手前の孔ノ山から。霧雨だったが、登山には支障なかった。岩登りとヤブコギ同然で、カメラも服も汚れてしまった。 鹿路庭峠に駐車して、矢筈山に向かうと、途中に孔ノ山から崩れ落ちてきた溶岩が現れる。…

長瀬川 滑滝  

近場での巡検として、今日は長岡の長瀬川の滑滝の再撮影にでかけた。 長瀬ダム近くに駐車して、林道を発端丈山に向けて歩く。途中水音に誘われて沢に降りたら、板状節理の岩の階段を水が流れていた ハゼの落ち葉が彩を加える 三つ目の堰堤の先で、沢に降りる…

下の段 大滝

五月晴れの平日、初夏といえるほどの暖かさになった。もったいないので、スポット巡検というか、撮影に出かけた。 持越川の支流にかかる大滝に再挑戦。長靴での沢登りでようやく滝にたどり着いた。雨上がりで水量もあり、新緑の中での最高の撮影条件となって…

宗光寺周辺の再取材

時間ができたので、宗光寺周辺のスポットの再撮影にでかけた。 宗光寺横穴群 凝灰岩の崖に19基もの横穴墓が造られている 広い玄室を持つ横穴墓もある 宗光寺公民館向かいの露頭には、凝灰角礫岩(亜円礫?)が露頭 横山坂をかつての狩野川の河原に相当する…

青野大師ダム

南伊豆町の道祖神探しのついでに、青野の奥にある大師ダムに立ち寄って、休憩。 ダムの天端には歩道があり、ダム湖を展望できる。 ダム天端から下流を見下ろす 遊歩道を一周できる。上流側の展望所に、かつてダム底にあった青野大師堂の弘法大師の石仏(左端…

長者原火山

天気の良い日は、半日ほどの近場の巡検を続けている。ネタはいくらもあるので、ストレス解消にちょうどいい。 今日は、長者原火山周辺の取材の続き。 下多賀火山のSt模式地を探したが、見当たらなかった。代わりに、スコリア露頭を見つけた。位置的には巣雲…

大丸山・巣雲山

長者原の公民館に駐車して、スカイライン目指して登山。スカイラインから、大丸山を目指した。 大丸山の山頂から少し東側に展望が開けたところがある 富士見展望所に向かう途中の鞍部に、玉ねぎ状風化した丸石が露頭(網代火山か宇佐美火山の噴出物?) 富士…

来光川 渓流遡行

行けるところが限られてきた。今日は、来光川上流の渓谷を遡行してみた。 山神社より上の林道は土石流の対策工事でち通行止め。渓谷も工事や倒木が目立つ。 山神社から上は通行止め。山神社に停めて歩き出す。林道から渓谷に降りると対岸に板状節理が露頭し…

ぼた場の滝

早起きといってもいつもの同じ5時起きで、河津川上流(本谷川)の二階滝駐車場近くの滝のいくつかを撮影してきた。 駐車場付近の本谷川では最下流にある玉簾の滝(通称) 湯ヶ島層群の凝灰角礫岩が水流により滑らかに侵食されたものだろう 滝の落ち口から見…

鉢窪山 巡検

感染のリスクゼロに徹して(立ち寄らない・人に逢わない)、取材を兼ねた巡検をすこしずつ続けていくことにした。鉢窪山に登山道が整備されたので、再訪してみた。 島崎藤村の文学碑【旅】(この裏に駐車場がある)静大セミナーハウスの右手に登り口がある …

奈古谷 七つ石巡拝

奈古谷の毘沙門道に点在する七つ石(多賀火山からの溶岩流の転石)を再訪して、GPSを取得し、画像を撮りなおした。 国清寺の仏殿中には、定印を結ぶ釈迦如来坐像が安置されている。 観音堂から七つ石巡りは始まる最初に目にする巨石は七つ石に数えられて…

北江間横穴群

世の中の連休入りでどこも外出抑制のために駐車場が利用禁止となりつつある。感染拡大には気を付けて、近場の取材を少しずつ続けたい。 -北江間横穴群・大師山横穴群 大師山横穴群と大北横穴群が混同してしまうので、はっきりとさせるために、再訪した。大師…

牛歩的写真中心網録”