牛歩的写真中心網録”

伊豆半島ジオパークと道祖神を中心にアウトドア活動を、写真で記録しています

二の岡神社のヒメホタル

御殿場の二の岡神社のヒメホタルが二年ぶりに解禁された。伊豆ではヒメホタルはいないようなので、初めてのヒメホタル撮影となる。

午後6時半に到着したが、ブランコの丘と呼ばれるスポットには、人はいないが三脚が十本ほど立っていた。今回は様子見ということで、そこから少し上の離れた場所に三脚とピントをセットする。(滑りやすい斜面での撮影となるので、足腰がつかれる)10時過ぎにヒメが舞い始める。11時までに撮ったショットを比較明合成で到着時に撮っておいた背景に重ねる。換算27mmの広角で構えたので、玉ボケは少なかった。月は出ていないが、厚い雲に街明かりが反射して、林床も明るい場所がある。(11時過ぎに街明かりが落ちてくる)
最初の場所は、斜面を横から撮るので、ホタルが前面に舞いにくい。ブランコの丘正面近くに移動して狙った。夜空が暗くなったので、短時間だったが、舞う数が増えた。
最後に、神社境内にも少し待っているとの情報で、真っ暗の中で12時まで撮影した。数匹が舞ってくるが、本殿前の暗がりに入ってくれるのは少ない。参道にも少しだけ舞ったそうだ。

カメラマンの中に、二人のプロがいて、ホタルや星の撮影の話を少し聞けたのは収穫だった。

ヒメホタルの雌は、飛ばないで草むらで光っているので、玉ボケの対象となる。相手を探して飛ぶのが雄のほう。玉ボケを撮るには、中望遠のレンズの方が良い。一度セットしたら、連射でカメラ任せにして、離れるのがコツとのこと。

ヒメホタルは箱根や西臼塚にも出るそうだ。他にも出る場所はあるが、拡散されていないだけ。

やぶ蚊がいるので注意。竹林の方にも舞うようだが、やぶ蚊が多そう。トイレあり。駐車場には15台くらいでまだ余裕あり。11時頃に、30名ほどのカメラマンと見物が集まって、通路も混雑した。

牛歩的写真中心網録”